2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2037 01

シンボルアート作成支援ツールだと!

 【21//2012】

シンボルアートwikiのほうに追加されましたソフトの紹介記事です。
作者はmalsphereさん

まだテスト段階なうえにXPだと透過処理で多少トラブルが出ている模様。
私は7なのでとりあえず使ってみました。
まずは起動して画像をポン!
この段階で常に手前に表示+マウスホイールで透過がかけられます。
右クリックでメニュー一覧
機能一覧

私も今回使ったばかりなので暫定的な感想と機能説明になります(/ω\)
上から行きましょう。

拡大鏡
拡大機能
右にでましたもうひとつの絵が拡大鏡の画面です。
これをさらに右クリックで拡大表示などが出来るようになります。
倍率は100%~500%
細かい作業で使える気もしましたが、
・XPならNVIDIAの拡大鏡機能で実際に作業するであろうゲームごと拡大
・7ならもともとあるwindowsキー+プラスorマイナスキーで立ち上がる拡大鏡でゲームごと拡大
これでも問題ないと思います。

カラーパレット
RGBカラーパレット
RGBの数値化により微妙な色も探しやすくなりました。
右クリックでRGBの数値入力も可能!
なお右端の空欄パレットに色を保存&読み込みが可能となっています。
元絵の色をRGB化してしまえば色がすぐ見つかりますね。

ただし、これに関しては問題点があります。
そう、作業時と発言時の色は違う。
なので私個人での感想としては「あくまで初心向け。色の感覚がつかめる人はスルーでOK」
忘れないように、これは支援ツールですからね。出来る人は無理して使う必要はないんです。

グレースケールはまぁグレーで作りたい人どうぞ。
クリッピング機能も画像のトリミングを自分でしてる人はそのままでいいと思います。

私が便利だと思ったのはこの原寸大プレビュー
原寸大プレビュー
画像を透過させながらさらに別窓でプレビューを表示できます。もちろん常に手前に表示!
Ghost-It!での弱点であった
「複数を手前にしようとゴースト化させると透過設定まですべてに反映される」
わざわざ別の手前表示ソフト使うのもめんどくさいでしょう?
この支援ツールは完成予定の元絵を常に手前でみながら、
なおかつ透過画像も利用できるという優れた機能です。

主だった機能をざっくりとですが書き出してみました。
これで気軽にシンボルアートが作れるのではないでしょうか?

たとえトレス作品でも主線の処理やレイヤーの使い方、
パーツの使い方でまったく同じ作品は生まれないと思います。
色々な個性をだして作ってみてはいかがでしょうか?
もちろんリクエストも受け付けております(´∀`)
楽しんでいきましょう!
スポンサーサイト

Category: PSO2

Comments (2) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Comments

へぇ、これは興味深い。(゚∀゚)
あとで試してみるー。  ≡ヽ(゚∀゚)ノ

Posted at 01:21:01 2012/08/22 by 箱猫

Comments

このツール(XP版の方)、私も試してみました。
いろんな所の操作感や表示が微妙な部分もありますが、まだまだβ版だということなので 今後に期待ですね。

Posted at 08:42:19 2012/08/23 by 名無しさん

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks